自宅でANSYS製品使ってみた【環境構築編】

ANSYS インストール シミュレーション

こんにちは。mnt_hasiです。

ANSYS FluentとDiscoveryLiveをインストールしてみたので、日記的に書いておきます。

スポンサーリンク

モチベーション

台風が接近し、家からは全く出られない状態。

そうだ、解析やろう

と思い立ち、ANSYS DiscoveryLiveとANSYS Fluentをインストールしてみました。

ANSYS社の提供する解析ソフトウェアは、非商業利用向けの機能制限版であれば無償で利用できるとのことで、さっそく使ってみました。

サポート対象のあらゆるMS Windows 64ビットマシンにインストール可能のようです。

端末スペック

HP Z800

使う端末は今回もコレ。

以前、Fusion360を使ってみたとして紹介した際に利用していた端末です。

スペックはメモリ64GB、Xeon W5590 3.33GHz、2プロセッサ、NVIDIA Quadro FX3800。
中古品で5万円くらいで販売されていたので購入しました。

ダウンロード

download

以下からダウンロード可能。

Ansys Student Versions | Free Student Software Downloads
Ansys provides free simulation engineering software to students at all levels, supporting students with free courses, tutorials and a learning forum.

利用できるのは、Discovery Live、AIM、ANSYSの3製品。

三製品の中身は、

Discovery Live:CADから手っ取り早く結果を得られる
Discovery AIM:ANSYSのソルバーを使いながらも設定が初心者向け
ANSYS:プロ用途

といったイメージです。

ansys_download

公式サイトからANSYS製品群をダウンロード。

ライセンシング

なお、ANSYS Studentにはライセンスに期限があります。
ソフトウェアダウンロード時に、Bult-in license valid until 〇〇と示されている日を過ぎると、ライセンスエラーでソフトウェアが立ち上がらなくなります。

期限を過ぎたら、再度ダウンロードしてインストールが必要となります。

自宅のwifiでダウンロードしたのですが、ANSYSは容量が4.6GBと大きく、ダウンロードに時間を要しました(6時間くらい)。日によって違って、調子の良い日は30分くらいでダウンロードできたりします。

Discovery Liveは3.2GBと少し軽い(ダウンロードに4時間くらい)。

ANSYSのダウンロードが全然終わらないので、先にDiscoveryLiveのインストールをします。

DiscoveryLiveのインストール

01

インストール手順は公式サイトにも掲載されていますが、見なくてもわかるくらい超簡単でした。
契約に同意して、インストールディレクトリを指定するだけで、5分くらいでインストールが完了します。

※インストールする際に、インストーラーの保存場所がデスクトップだと「ほかのアプリケーションを終了してください」といったエラーがでることがあります。マイドキュメントなどに移動すると解決します。Student Communityに記載がありました。

06_error

インストールはできたのですが、こんなエラーが。

ANSYS Discovery relies on the latest GPU technology to provide its computation and visual experience. To run the software, you will require:
A dedicated NVIDIA GPU card (Quadro recommended) based on the Kepler, Maxwell or Pascal architecture. Maxwell 2000 or better strongly recommended. Most dedicated NVIDIA GPU cards produced in 2013 or later will be based on one of these architectures.
At least 4GB of video RAM (8GB preferred) on the GPU.
The Discovery Compatibility Checker results are as follows:
This machine does not meet the minimum hardware requirements.
Discovery requires a minimum of 4 GB of graphics memory. Discovery may not run properly because your graphics device does not have the minimum required memory.

DiscoveryLiveは、計算にGPUを用いるうえに、GPU性能次第で計算結果が変わるという代物。

なので、最低限のGPUスペックを持っている端末で利用する事を推奨しており、

あなたの古い端末のGPUは古いし容量足りてないし全然だめです!

と言われています。

やかましわ!!

と言い返しておけばいいエラーです。
(と思ったのですがこの後苦戦します)

スポンサーリンク

インストールするも…

DiscoveryLive

一旦、端末を再起動してから、DiscoveryLive2019R3を起動。

シミュレーション画面に遷移せず、「作成できませんでした OpenGL」というようなエラーが表示されます。グラフィックカードのドライバをアップデートしないとダメなようです。

ドライバのアップデート

windows10のグラフィックドライバアップデートはこの手順で行えるようです。

ただ、ここまでやってもシミュレーションは実行できず。グラフィックボードが古い事が原因かもしれません。

グラボだけ追加で買うか…と思いAmazon で調べてみると、そこそこ高い。

しかも推奨スペックより低い…。とりあえず動かすだけ、という目的で安いものを試してみるか…でも安くはない…

いろいろ思案したあげく、私は主にANSYSを使い、DiscoveryLiveはあったらいいな程度だったので、とりあえずハード増強はペンディング。

お金に余裕があるときに、GPU買うかも…

Student Community

DiscoveryLiveの細かい使い方などは、ANSYS Student Communityに掲載されています。

このコミュニティは、質問しあう掲示板のような雰囲気。英語に抵抗がなければ、情報量が多く勉強になります。

ANSYSインストール

次は、ANSYSをインストールします。プロ仕様のヤツです。

ダウンロードしたファイルを解凍、規約に同意してインストールすれば終わりです。GPUの設定がないぶん、こちらの方がずっと簡単でした。5分くらいで終わります。

Workbench

Workbenchの起動画面。

驚いたことに、流体・構造・伝熱・などなどすべてのモジュールが利用可能なようです(それぞれに要素数の上限など固有の制限はあるかもしれませんが)。

CFX、Chemkin、Forte、APDLなど…本当に無償でいいのか?というラインナップ。

研究室にいる機械系の学生さんは、すぐにインストールして使い方を覚えた方がいいと思います。
マジで。就活で絶対役に立ちます。

Fluent

流体解析のFluentも、WorkbenchのGUI経由で起動できました(Fluentという固有のアプリケーションとしては起動できない?)。

驚いた事に、全部日本語でした。

まとめ

といった感じで、一日で環境構築できました(DiscoveryLiveはできてませんが…)

最近、週末が多忙で、休日にシミュレーションで遊ぶ時間はあまりとれそうになく、次の予定のない週末は11月以降なので、それまでにシミュレーション使って何やるか考えたいと思います。

Images used courtesy of ANSYS, Inc.

コメント

  1. […] ANSYSを自宅のワークステーションにインストールしてみた、という記事を書きました。 […]

  2. […] 前回、自宅でANSYS製品使ってみたとして、インストールしてみたANSYS Fluent。簡単な流体解析を一通りやってみたので、メモ的に書き残します。 […]

  3. […] ANSYS studentをインストールしてFluentを使った簡単な流体計算をしました。 […]

タイトルとURLをコピーしました