AI + CAE

カテゴリ

サロゲートモデル

AIによるCAEサロゲートモデルの作り方

AIとCAEを組み合わせることで、製品開発をより効率よく回す試みが進められています。そのなかでも、CAEソルバを代替するサロゲートモデルが最も注目されています。

今回は、CAE結果からサロゲートモデルを実際に作成してみた手順を紹介します。

AI+機械学習で出来る事

CAEとAIの組み合わせ、という道半ばの課題

2013年ごろからディープラーニングの登場とともにAIがもてはやされるようになった。研究テーマも「AI」や「機械学習」「ディープラーニング」と名がついていれば、予算を得られやすく注目されやすい時代があったが、2020年の今は少し落ち着いたように見える。

CAEとAI。この2つは、近似モデルという意味で非常に近い存在で、CAEとAIの組み合わせで「なにかできるのでは」と囁かれ始めたのは2016年頃かと思う。第48回CAE懇話会「ディープラーニングとCAE」に始まり、CAEベンダーや各メーカーがこぞってAIとCAEに関する様々な検討を発表してきた。

サロゲートモデルによるCAEの代替

CAEとAIの組み合わせ、という道半ばの課題では、AIはCAEを代替するサロゲートモデルとしての活用が最も効果があると述べた。各論文でも同様の意見が述べられており、実際にサロゲートモデルを構築した例がいくつも挙げられるので紹介したい。

CAEとAIの組み合わせは実用化領域に来ている

以前(2020年6月頃)、CAEとAIの組み合わせ、という道半ばの課題という記事を書いた。

CAEとAIをどのように組み合わせると、価値を生むことができるのか、という話を書いたものだ。

そこから1年経ち、徐々にCAEとAIの組み合わせを実務に活用した事例が出てきているように思う。

カテゴリ
スポンサーリンク
この記事を書いた人

某自動車メーカー勤務、主に計算系の基礎研究と設計応用に従事してます。
シミュレーションや機械学習を愉しむ方、これから始めたい方に役に立ちそうなことを書いてます。

Montenegro Hasimotoをフォローする
シェアする
mnt_hasi at work

コメント

タイトルとURLをコピーしました