機械学習

機械学習

マテリアルズ・インフォマティクスとは?まず何から始めればいいの?

近年「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」が、材料設計のための強力なツールとして登場している。 MIは、データサイエンス(機械学習など)を材料研究に応用することを指す。 本稿では、マテリアルズ・インフォマティクスの基本・事例と、まず何から始めればいいのかを述べ...
技術トライ系

SONY PredictionOneを使ってみた【環境構築編】

Pythonでチマチマ書くことに飽きてきた私は、SONYの提供するPredictionOneというノーコードツールを使ってみる事にしました。 PredictionOneとは ノーコードで機械学習ができるGUIツールです。 2019年からSONY...
技術トライ系

【Python実践】LightGBMで機械学習モデルを作ってみた

【実践python】AIによるCAEサロゲートモデルの作り方にて紹介した、LightGBMでサロゲートモデルを作るコードの詳細を説明します。 コードは以下にもあります。コピーしてご自身で計算をすることもできますので、ぜひ試してみてください。 モジュールをイン...
シミュレーション

【実践pythonコード】AIによるCAEサロゲートモデルの作り方

AIとCAEを組み合わせることで、製品開発をより効率よく回す試みが進められています。そのなかでも、CAEソルバを代替するサロゲートモデルが最も注目されています。 今回は、CAE結果からサロゲートモデルを実際に作成してみた手順を紹介します。 サロゲートモデルと...
技術トライ系

【python機械学習】決定木・ランダムフォレストを実装して予測モデルを作ろう!

機械学習って何?どんなことができるの?を理解する意味で、KaggleのCourses「Intro to Machine Learning」(英語)はとても勉強になります。私もこの講座を一通り学んで、機械学習を実務活用しています。 「え…英語はちょっと…」という方が取り組み...
技術トライ系

無料ワードクラウド作成ツールを比較してみた

ぱっと見でわかりやすくできるワードクラウド。ワードクラウドを作るためにテキストマイニングのコードを書くよりも、ウェブのツールを使う方が手っ取り早い事は多いです。 今回は、作成サイトによって、出来にどの程度の差があるのかを比較しました。ワードクラウドを作るための文章として、...
技術トライ系

python/XGBoostで機械学習モデルを作ってみた

テーブルデータを用いた、値の予測のためによく用いられる勾配ブースティング木。今回は、XGboostを用いて、簡単なテーブルデータに対して予測モデルを作ってみたので紹介します。コードはpythonです。Kaggle Codeへのリンクはこちら。 ライブラリをインポートします...
シミュレーション

サロゲートモデルによるCAEの代替

CAEとAIの組み合わせ、という道半ばの課題では、AIはCAEを代替するサロゲートモデルとしての活用が最も効果があると述べた。各論文でも同様の意見が述べられており、実際にサロゲートモデルを構築した例がいくつも挙げられるので紹介したい。 複合材のサロゲートモデルの論文この分...
シミュレーション

CAEとAIの組み合わせ、という道半ばの課題

2013年ごろからディープラーニングの登場とともにAIがもてはやされるようになった。研究テーマも「AI」や「機械学習」「ディープラーニング」と名がついていれば、予算を得られやすく注目されやすい時代があったが、2020年の今は少し落ち着いたように見える。 CAEとAI。この...
技術トライ系

初心者がKaggleで機械学習やってみた

Kaggleを始めてみました。 Kaggleは主にデータサイエンスを用いた予測モデルの精度を競うプラットフォームで、いわゆるデータサイエンティストが注目され始めた昨今、盛り上がっているコンテンツです。私も、初心者ながらこの2ヶ月ほどで、昔のコンペに挑戦してみました。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました