Fusion360を低スペックPCにインストールしてみた

シミュレーション

趣味用に無料で使えると評判のFusion360。

ただ、CAD用の高性能端末を所有していない場合も使えるのか。

グラフィックボードなど搭載していない、2013年に購入した低スペックPCにFusion360をインストールして試してみました。

スポンサーリンク

結論

Fusionを普通のデスクトップPCにインストールしたところ

・普通に使えました。

・ワーニングは表示されますので、推奨スペックは満たしていない模様

Fusion360の要求スペック

公式HPによると、Fusion360の推奨スペックは

メモリ:4 GB of RAM
ストレージ:3 GB
Graphics Card:DirectX11 (Direct3D 10.1 or greater)

のようです。決して高いスペックを求めているわけではなさそう。

自宅PCの性能

Dell Inspiron 660s

メモリ:8GB
ストレージ:365GB
ディスプレイアダプタ:Intel HD Graphics4600

デスクトップではありますが、性能はDellモバイルノートと同じくらい。

このスペックのPCにFusion360をインストールしてみます。

ダウンロード

公式サイトにアクセスして、インストーラーをダウンロードしてきます。

無償版を利用します。

Fusion360をダウンロードするためのフォームに入力します。

フォームに入力すると、インストーラーをダウンロードできます。

ダウンロード前に、Fusionアカウントの作成を求められますので作成しておきます。

インストーラーをダウンロードしました。

インストール

ダウンロードしたFusion 360 Client Downloader {***}.exeを実行します。

インストールすると、Autodesk Fusion 360が追加されます。

起動してみます。

セットアップに数分かかります。

綺麗な絵が入れ替わり表示されるので、ぼーっと見ていても楽しい。

インストールできたので、起動してみます。

サインインを求められるので、Fusionアカウントでサインインします。

使ってみての感想

普通に2D,3Dともに描画できました。

CADとしてめちゃくちゃ使いやすいです。

・スケッチ履歴が残る(やはりノンヒストリーより使いやすい)
・動きがサクサク
・スケッチ寸法定義が容易

少なくとも、ANSYS系のSpaceClaimより圧倒的に使いやすい。

ただ、利用しているとメニューバーの下にはワーニングが表示されます。

ワーニングの表示

このコンピュータのグラフィックスドライバまたはハードウェアにより、パフォーマンスが制限されている可能性があります。

Fusion 360で検出されたグラフィックカード・ドライバが古いるか、Fusion360の最小システム要件を満たしていない場合に表示されるようです。

考えられる原因と解決策として

・デュアルグラフィックカード
・グラフィックドライバの更新
・ドッキングステーションの使用

が挙げられていました。

タスクマネージャで負荷を確認してみました。

メモリ・CPU共に許容範囲内です。

ワーニングは表示されるもの、特に気にせず利用できます。

ちなみに

ワークステーションにFusion360をインストールすると、ワーニングは表示されませんでした。

やはり、端末スペックが原因でワーニングが表示される模様。

余談ですが、この画面では、ちょうど気液界面計算をVOFでやろうとしていて、いろはすの寸法を調べながらモデルを描いていました。

いろはすの寸法は調べたのですが、Fusion360の使い方は調べなくても直観的に操作できたので、非常に優秀なソフトだと思います。

ワーニングが表示されていても、操作性が大きく異なるかというとそうでもないので、気にしなくて良さそうです。

エクスポート

CADファイルはクラウド上に保存されています。

これを、STL形式でローカルにエクスポートしてみます。

STLでエクスポートします。

5分ほどかかりますが、エクスポートできました。

まとめ

低スペックPCにFusion360をインストールしてみたところ、普通に使えました。

また、Fusion360がかなりサクサクで使いやすいCADだということもわかりました。

今後、複雑な形状を作る際にはFusion360を使って作ろうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました