EV

全固体電池

SK ONの全固体電池開発とバッテリー事業

EV市場の拡大が続いています。EV開発の競争力を決めるのはバッテリー技術といっても過言ではありません。次世代電池として目される全固体電池は、高いエネルギー密度、高速な急速充電を実現し、EV市場のゲームチェンジャーとなるとされています。 世界中のメーカーが全固体電池の開発を...
中国

BYDはなぜ強いのか?

近年、EV市場は目覚ましい成長を遂げています。中でも、中国の自動車メーカーBYDは、テスラを抜きEV販売台数で1位に躍り出るなど、自動車業界にその名を轟かせています。 BYDの成功の要因は、手頃な価格設定と、独自の技術開発による高いコストパフォーマンス、そして国内外での積...
日本

ホンダと日産の協業をみて思うこと

ホンダと日産は、「自動車の電動化、知能化に向けた戦略的パートナーシップの検討開始に合意し、基本合意書を締結」しました。この協業を見据えた合意を見て、同じ自動車業界で働く一人として筆者がおもうことを書きたいと思います。 具体的な内容は何も決まっていない ...
中国

中国が船輸送の制約から解放されつつある

中国の自動車産業が、長年にわたる輸送面での制約から解放されつつある兆しを見せています。特に電気自動車(EV)の輸出において、中国は新たな局面を迎えています。 中国EV輸出のボトルネックは輸送力 2023年には中国の車輸出台数が491万台に達し、初めて...
車載電池

LGESの電池事業は困難に直面している

LGエネルギーソリューション(LGES)は、車載電池の世界シェア3位につける電池メーカーです。一方で、2023年は売上の減少、電池価格の下落、そして中国勢との競争激化という三重の逆風に直面しています。 本記事では、LGエネルギーソリューションがこれらの課題にどう対処し、将...
パワー半導体

富士電機のパワー半導体事業はなぜ強いのか?

富士電機は、主に重電系事業で知られる伝統的な企業ですが、パワー半導体分野においても強い存在感を示しています。発電所や変電所、産業用大型機械など、インフラ系を含む幅広い製品と事業を展開しており、特にパワー半導体に注力していることが特徴です。 2022年の世界シェアでは5位に...
自動車業界

プロテリアルのアモルファス合金は何が凄いのか?

電気自動車(EV)の普及には、高性能なモーター技術が不可欠です。プロテリアル(旧日立金属)は、EV向けモーターの消費電力を最大5%改善できる新しい合金材の製法を開発し、2025年に量産を目指しています。 新合金材は、現在主流の電磁鋼板に比べてエネルギー損失を大幅に抑えるこ...
中国

EVシフトの減速は今後も続くのか?

EVシフトの将来性についての検討は、多角的な視点からアプローチする必要があります。最近の動向を見ると、EV市場の成長が鈍化している兆候が見られますが、これは一時的な現象なのでしょうか、それとも長期的なトレンドの始まりなのでしょうか。 EVシフトの減速は今後も続くの...
自動車業界

マグネシウムを用いたギガキャストは実現するか?

ギガキャストは、テスラが導入した自動車ボデー製造のための技術で、アルミニウムの大型鋳造品を製造し、自動車ボデーとするものです。 アルミニウムの代わりに、より軽量なマグネシウム合金を使用したギガキャストが検討されています。マグネシウムのギガキャストは、自動車の軽量化とコスト...
北米

トランプが当選すると、EV政策が減速するのか?

2024年の米大統領選の結果は、米国のEV政策の未来に大きな影響を与える可能性があると考えられます。 トランプ氏のEV政策(グリーン・ニューディール)に対する考え方をまとめておきます。 トランプはEV政策を任期初日に覆す もしトランプ前大統領が...
アジア

トルコの自動車メーカーTOGGとは?市場シェアと展望を解説

TOGG(Türkiye'nin Otomobili Girişim Grubu)は、トルコの自動車メーカーで、トルコのエルドアン大統領による自動車ブランド計画に基づいて設立されました。TOGGは現在、T10XとT10Fという2つの車種を展開しており、2023年には28,000...
中国

Huawei(ファーウェイ)の自動車事業戦略

Huaweiは米政府の輸出規制によりスマートフォン事業に打撃を受け、その新たな収益源として自動車関連事業に注力しています。 本稿では、ファーウェイの自動車事業戦略を俯瞰してみます。 ファーウェイは新たな収益源を自動車関連事業に求める ファーウェ...
アジア

タイの自動車産業と電動化の動き

「アジアのデトロイト」と呼ばれるタイは、EV化の波にもうまく乗ろうとしています。 中国企業などの資本を国内に誘致し、工場建設や技術の取り込みをうまく進めています。 本稿では、タイの自動車産業の動きと、今後の見通しを解説します。 タイは世界10位の自動車...
リチウムイオン電池

大日本印刷(DNP)の電池用パウチは何が凄いのか

リチウムイオン電池の部品であるバッテリーパウチ。パウチの世界シェア1位にあるのが大日本印刷(DNP)です。 DNPがなぜ世界シェア1位の座を守り続けられるのか、業界の目線から解説します。 大日本印刷(DNP)とは 日本の大日本印刷(DNP)は1...
リチウムイオン電池

リチウムイオン電池の三元系正極材(NMC)とは何か?

リチウムイオン電池について調べていると、NMC正極という言葉をよく耳にします。NMCはニッケル・マンガン・コバルトの略称で、これら3つの元素が1つの「活物質」粒子として存在しています。 本稿では、NMC正極がどのような構造体なのか、どのように製造されるのかを解説します。 ...
アジア

今後成長が期待される、新興自動車メーカー11選

電気自動車は部品点数が少なく、自動車業界への参入障壁が下がるとされています。EV化の流れを受けて、成果各国で新興自動車メーカーが生まれ、そのなかのいくつかの企業は成長を続けています。 本稿では、今後成長が期待できる新興自動車メーカーを紹介します。それぞれの企業の概要や将来...
車載電池

中国CALBの電池事業と注目すべき技術

CALBは、中国第3位の電池メーカーです。車載電池を手掛けるCALBは、中国の電池大手であるBYDやCATLほどの知名度はありませんが、高い技術力を持つ企業であることは間違いありません。 この記事では、CALBの電池技術について解説します。 CALB(Chi...
欧州

ルノーのEV新会社「アンペア」、なぜEVを別組織で開発するのか?

アンペアは、ルノーグループが設立した新しい会社で、電気自動車(EV)とソフトウェアに特化しています。この記事では、既存の自動車メーカーがEV開発を別組織で開発するのかに焦点を当て、ルノー資本のアンペアの展開する電気自動車ブランドについて解説します。 なぜ既存のメー...
リチウムイオン電池

CATLは中国市場で失速しているのか?伸びている企業は?

中国の車載バッテリー市場で、CATLの減速が伝えられています。 CATLは目下世界一の車載バッテリーメーカーで、中国だけでなく世界中で車載電池を供給しています。その地位が少しずつ変化していると伝えられていますが、実態はどうなのでしょうか。 本稿では、中国での電池シェ...
リチウムイオン電池

パナソニックの車載バッテリー戦略

EV用バッテリーのシェア10%を握るパナソニックは、市場での競争力を高めるために車載電池の開発と市場投入を加速しています。 今後、このシェアを維持し、拡大していくために、パナソニックはどのような戦略をとるのか、解説します。 パナソニックのリチウムイオン電池戦...
タイトルとURLをコピーしました