私の書庫2023

雑記

2023年に読んだ本の一覧。

無駄な本を極力買わないようにするための戒めでもある。

2021年はこちら。2022年はこちら

スポンサーリンク

続・インタフェースデザインの心理学

インターフェース設計の実用的なアイデアというより、ユーザに行動させるために必要な心理学的な要素が詰め込まれています。心理学を学んだことのない私には勉強になりました。「あるある」事例と、その心理学的解釈が記載されており、気づきを得られる本です。オライリーの和訳は苦手な私ですが、この本は違和感なく読みやすい。続ではなく、オリジナルのインタフェースデザインの心理学も読みたい。

高校数学でわかる光とレンズ

カメラとレンズの基礎を学ぶために読み始めました。光の基礎、レンズ、収差など、実際のカメラやレンズの機能と紐づけながら解説されており、読みやすいです。

数学的な素養がなくても読めますし、物理本としても面白いです。既に写真趣味があり、原理を深く知りたい方にもお勧めです。

雑記
スポンサーリンク
この記事を書いた人

某自動車メーカー勤務、主に計算系の基礎研究と設計応用に従事してます。
自動車に関する技術や、シミュレーション、機械学習に興味のある方に役に立ちそうなことを書いてます。

Montenegro Hasimotoをフォローする
シェアする
橋本総研.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました