Windows11でpythonの環境構築をする【2023】

技術トライ系

PCを買い替えて、python環境がまっさらになったので、python環境の構築を久々にやってみました。

スポンサーリンク

Pythonのインストール

コマンドプロンプトを立ち上げて、pythonと入力すると、Microsoft Storeが起動します。

ここで、pythonを「入手」をクリックするだけでOKです。

python公式サイトからダウンロードして解凍してインストールして、という手間が省けています。

2023年1月時点では、python3.10がインストールできるようです。

最近追加された項目に、Python3.10とIDLE(開発環境)が追加されます。

仮想環境構築

pythonのライブラリをプロジェクトごとに分けられるように、仮想環境を作ります。

memo
anacondaを使って仮想環境を構築していました。今回は、venvを使って環境構築します。
Anaconda パッケージリポジトリが「大規模な」商用利用では有償になったためです。
私のような趣味で使う人間には問題なさそうですが、今回はpythonの公式仮想環境であるvenvを使うことにします。

コマンドプロンプトから、以下のコマンドを実行します。

practiceという名称のフォルダを作り、そこにvenvという名前の仮想環境を作るコマンドです。

mkdir practice
cd practice

仮想環境のフォルダが作成されました。

仮想環境のアクティベートは、以下のように行います。

C:\Users\Public\practice\venv\Scripts
activate


deactivate

アクティベートすると、仮想環境の名称(venv)がカレントディレクトリの前に表示されます。

これで、pythonの実行環境は整備できました。

ライブラリのインストール

ライブラリのインストールは、以下の手順で実施します。

・コマンドプロンプトを開く
・仮想環境をアクティベートする
・pipでインストールする

以下のコマンドをコマンドプロンプトにぶちこむだけでOKです。

# 仮想環境をアクティベート(ディレクトリは仮装環境のものに適宜書き換え)
cd C:\Users\Public\practice\venv\Scripts
activate

# とりあえず入れとけ系のライブラリ
pip install pandas
pip install numpy
pip install scipy
pip install matplotlib
pip install Pillow
pip sintall opencv-python

#インストール済みパッケージの一覧表示
pip list

エディタのインストール

エディタとして、Visual Studio Codeをインストールします。

公式サイトからインストーラーをダウンロードしてきて、デフォルトの設定でインストールするだけです。

インストール完了です。

Shift+Enterでも実行可能

Pythonを実行する際は、右上の三角ボタンで実行できます。

Pythonを実行する仮想環境(インタプリタ)を変更したい場合は、右下のボタンをクリックします。

新しくインタプリタのパスを入力します。

今回作った仮想環境であれば、python.exeの格納されているフォルダディレクトリを指定すればOKです。

実行結果が出力されます。

エクステンション(拡張機能)の追加

日本語化

日本語環境のほうがよければ、以下の方法で日本語にできます。

「拡張機能」でJapanese Language Packを検索し、Japanese Language Pack for Visual Studio Codeをインストールします。

Ctrl+Shift+P を押して “コマンド パレット” を表示し、display と入力して Configure Display Language コマンドを実行すると、インストールされている言語の一覧から日本語を選び、Visual Studio Codeを再起動すると日本語化します。

Python拡張

Pythonの拡張機能を追加します。Pythonコードのハイライトの色などがPythonに最適化されます。

そのほかのPython向け拡張

そのほかに、以下のような拡張ツールを追加しています。

indent-rainbow(インデントが階層別に色分けされます)
ZenKaku(全角スペースがグレーで表示される)
Trailing Spaces(コード末尾の余計なスペースが赤字で表示)

Pythonはインデントでエラーが出たりするので、表示系の拡張を多めに入れています。

コマンドプロンプトからPythonファイルを実行

print('start')

上記のようなpythonファイル(try00.py)を、コマンドプロンプトから実行する場合は以下の手順で行います。

# 仮想環境のディレクトリに移動してアクティベート
cd C:\Users\Public\practice\venv\Scripts
activate

# pythonファイルの保存場所に移動
cd C:\Users\Public\practice\230121_test01

# try00.pyファイルを実行
python try00.py

コマンドプロンプトを起動して、上記コマンドを順に実行します。

プログラムが実行できました。

まとめ

2018年ごろにpython環境を構築して以来、久々にやってみたのですが、大きくは変わっていませんでした。

pythonのインストールにMicrosoft Storeを使えるようになった、環境構築にanaoncondaではなくvenvを使ってみたくらいの変化です。venvのほうがシンプルでわかりやすい印象を持ちました。

VSCodeの使い方も、2年くらい使っていると少しずつ理解が深まってきています。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました