トルコの自動車メーカーTOGGとは?市場シェアと展望を解説

自動車業界

TOGG(Türkiye’nin Otomobili Girişim Grubu)は、トルコの自動車メーカーで、トルコのエルドアン大統領による自動車ブランド計画に基づいて設立されました。TOGGは現在、T10XとT10Fという2つの車種を展開しており、2023年には28,000台の電気自動車を生産することを目指しています。

この記事では、TOGGはどのようなメーカーなのか、トルコにおける存在感はどの程度なのか、将来性を含めて紹介します。

TOGG(Türkiye’nin Otomobili Girişim Grubu)とは

TOGGは、トルコの自動車合弁グループ「Türkiye’nin Otomobili Girişim Grubu」の略称であり、本社はトルコのコチャエリ県ゲブゼに位置しています。TOGGは、2014年にトルコのエルドアン大統領によって提唱された「トルコ独自の自動車ブランドの創設」構想を基に、2018年にトルコ企業5社による合弁会社として設立されました。

その主な目的は、トルコの国民車メーカーとして成功することです。

TOGGは、2023年までには28,000台の電気自動車を生産。2024年には製造台数を増やし、70,000台に達することを目指しています。これに向けて、トルコの産業技術大臣メフメット・ファティカクル氏と財務大臣のメフメット・シムシェク氏は、2023年夏にTOGGの工場を訪問し、TOGGが国内外で成功するブランドになるよう努力すると強調しました。要するに、国が全力を挙げてメーカーをサポートするということです。

トルコ自動車メーカーの市場シェア

トルコにおける自動車シェア。欧州のメーカーが強さを見せている

トルコ国内におけるToggのシェアは3.5%です。

トルコにはFord Otosan、Hyundai、Isuzu、Oyak-Renault、Tofaş、Toyotaなどの自動車メーカーが生産拠点を持ち、他にもいくつかの自動車メーカーが生産しています。

Fiatは2023年の11月までの期間で174,207台を販売し、16.2%のシェアでトップに立っています。Toggの市場シェアは3.5%で、トヨタやヒュンダイといったアジア勢と同程度です。

今後、トルコ政府が国産メーカーのシェア拡大を後押しすることは容易に想像できます。欧州勢のシェアを奪いながら、今後どこまで台数を伸ばせるか、注目が集まります。

TOGGの従業員は、自社を「スタートアップ」と認識しているようです。意思決定が早く、階層構造のない組織風土で、旧来の自動車メーカーとは異なる文化です。一方で、自動車製造に重要な「すり合わせ」の文化は根付いており、ITなどをバックグラウンドにもつ従業員は、自動車業界の文化になじむのに苦労するようです。

トルコの自動車市場の現状

トルコと日本の販売台数の推移(日本自動車工業会の資料を基に当サイト作成。日本の2023年販売台数は推計)

トルコの自動車市場は安定した需要を維持しています。2023年には新車販売台数が前年比55.2%増加し、128万3952台に達しました。

2022年の各国の販売台数の規模

2022年の日本の自動車販売台数420万台に比べると、トルコの市場規模は見劣りします。一方で、年度によっては100万台を超える販売を記録する年もあり、カナダ(156万台)や韓国(168万台)に迫る一大市場であることは認識する必要があります。

TOGGの販売するモデル

Toggという新興自動車メーカーは将来的には5つの異なるモデルを生産する計画を持っています。最初のモデルであるT10XはCセグメントSUVとして開発され、他のモデルも市場の需要に合わせて開発される予定です。Toggが計画したこれらのモデルの生産が順調に進めば、トルコの自動車メーカーとして大きな成果を挙げることが期待されます。

TOGG T10X

TOGG T10Xは、2023年3月に市場投入されました。航続距離は車種によって異なりますが、最大で523kmまで走行することができます。

TOGG T10Xは、パワー160 kW(約218馬力)とトルク350 Nmを誇ります。最高速度は185km/hで、0-100km/hの加速時間は7.4秒から7.8秒の範囲とされています。

インテリアは先進的で、29インチのタッチスクリーンと、運転席側には12.3インチのインストルメントディスプレイがあります。さらに、8インチのタッチスクリーンを使用して、社内温度制御などが操作可能です。

リチウムイオン電池を使用し、標準範囲モデルでは52.4 kWh、長距離範囲モデルでは88.5 kWhのバッテリー容量を備えています。これらのバッテリーは中国のバッテリーメーカーであるFarasis Energyとの合弁事業であるSiroから供給されています。

TOGG T10F

Togg T10F

2024年1月にCESで発表されたT10Fは、SUVタイプの電気自動車です。

T10Fには、後輪駆動(RWD)が標準モデルとして設定されています。160kW/218馬力の出力と350Nmのトルクで、トルコで2025年に発売予定です。

T10Fには全輪駆動(AWD)モデルもあり、0-100km/h加速を4.6秒で達成し、700Nmのトルクを実現しています。航続距離は約530kmです。

バッテリー容量は、標準モデルでは52.4 kWh(航続距離最大350 km)、長距離モデルでは88.5 kWh(航続距離最大600km)で、近年のEVでよくみられる標準的なバッテリー容量です。T10Fは180 kWのDC高速充電器を使用すると、バッテリーの20%から80%までの充電がわずか28分で可能です。

V2Lは、電気自動車のエネルギーを他デバイスに転用する技術(Kia UKより)

T10FはV2L(Vehicle to Load)技術を搭載しており、車両のバッテリーからさまざまな電気機器への電力供給が可能となっています。

インテリアはT10Xを踏襲したものになっており、モジュールの共通化でコストダウンを図っていることが分かります。

まとめ

トルコの自動車メーカーToggについて紹介しました。

将来的には、トルコの自動車メーカーは国内外での競争力を高め、更なる市場シェアの拡大に取り組むことが期待されます。

関連記事

自動車業界
この記事を書いた人

某自動車メーカー勤務、主に計算系の基礎研究と設計応用に従事してます。
自動車に関する技術や、シミュレーション、機械学習に興味のある方に役に立ちそうなことを書いてます。

Montenegro Hasimotoをフォローする
シェアする
橋本総研.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました