パワー半導体

パワー半導体

富士電機のパワー半導体事業はなぜ強いのか?

富士電機は、主に重電系事業で知られる伝統的な企業ですが、パワー半導体分野においても強い存在感を示しています。発電所や変電所、産業用大型機械など、インフラ系を含む幅広い製品と事業を展開しており、特にパワー半導体に注力していることが特徴です。 2022年の世界シェアでは5位に...
パワー半導体

芯联集成(UNT)のSiCパワー半導体

芯联集成(United Nova Technology)は、中国の半導体企業です。特に車載のパワー半導体やSiC分野で成長著しい企業で、中国ではSiCパワー半導体の大手に続いてシェア6位に位置しています。 本稿では、United Nova Technologyの技術と、2...
パワー半導体

パワー半導体メーカー市場シェアランキング

EVの普及によって今後市場の拡大が予想されるパワー半導体。動力部品の電圧昇圧に用いるインバータに用いられるパワー半導体のメーカーの市場シェアランキングを紹介します。 個別企業について、それぞれの企業の取り組みも併せて紹介していきます。 パワー半導体のシェアラ...
パワー半導体

ロームのSiCパワー半導体

ロームはパワー半導体の研究・開発に注力しており、特にSiCパワー半導体の強みを持って競合他社との競争に勝っています。また、東芝との共同生産や経済産業省による支援など、パワー半導体事業の拡大に取り組んでいます。 本記事では、ロームのSiCパワー半導体事業について解説します。...
パワー半導体

躍進する中国のSiCウェハメーカー3選

中国では、SiCウェハの生産増加が進んでいると報じられています。中国企業の増産により、2024年以降には中国産のSiCウェハが世界シェアの50%以上を占める可能性があります。 中国でSiCウェハ企業が成長している 中国では、SiCウェハの生産増加が進...
IC(統合回路)

半導体「製造装置」シェアの企業ランキングTOP10

半導体製造装置は、半導体業界において重要な役割を担います。製造業においては、製造装置は生産の要であり、製造装置で高いシェアを持つ企業は、装置の性能や耐久性、価格、サポート体制が強い企業であると判断できます。 本稿では、半導体製造装置について、世界シェアTOP10を紹介しま...
パワー半導体

SiC技術に全振りするウルフスピード(Wolfspeed)に未来はあるか?

ウルフスピードは、35年以上にわたりSiCのウェハと高品質のパワーデバイスを製造してきた企業です。主流のシリコンの「次の一手」となるSiCに集中的に投資を回してきたウルフスピードは、電気自動車市場での需要の増加に応えるため、SiC関連への設備投資を積極的に行っています。 ...
パワー半導体

オン・セミコンダクターのSiCパワー半導体の成長を予測する

オン・セミコンダクター(ON Semiconductor)はアリゾナ州に本社を置く半導体メーカーです。電気自動車の電力制御に用いられるインバータ用に、炭化ケイ素(SiC)という次世代のパワー半導体素子を開発しています。 SiCは従来のシリコンに比べて優れた特性を持ち、電力...
パワー半導体

SiCパワー半導体の市場シェア企業ランキング

この記事では、SICパワー半導体の市場シェアについて詳しく紹介します。SICパワー半導体は、将来的にシリコンに代わって主役となることが期待されています。さまざまな企業が市場をリードするために様々な取り組みを行っており、その中でも今回は特に注目されている企業の市場シェアをご紹介し...
パワー半導体

今後拡大が続くSiCパワー半導体とは?そのメーカーは?

SiCパワー半導体は、従来のシリコンパワー素子に比べて電力の損失を大幅に減らすことができる素子です。産業機器や電気自動車などの電力制御において注目される技術となっています。SiCの特性や利点を紹介し、その役割と可能性について詳しく解説します。 この記事では、SiCの概要と...
パワー半導体

パワー半導体開発企業の特許ランキング

近年、パワー半導体市場は急速に成長しており、環境保護や電力インフラの安定化、エネルギー効率の向上など、さまざまな分野でその重要性が増しています。 そこで今回は、パワー半導体に関する特許を調査し、特許数の多い企業群に注目して、技術開発と今後の展望について深堀りしていきます。...
タイトルとURLをコピーしました