機械学習

機械学習

OpenAIのAPIを活用したらGPT-4の料金が思ったより高かった件

OpenAIのAPIを利用することで、文章の生成や質問への回答など、様々な機能を自動化して活用することができます。今回は、GPT-4のモデルを使ったら想像以上にコストがかかることが分かった話を紹介します。 ChatGPTのAPIを使ってみた 私はブレ...
技術者のキャリア

AIによる自動化はもはや仕事を奪うものではない

現代の製造業において、人手不足が深刻な問題となっています。しかも、この問題は今後もさらに深刻化すると予想されています。 私たちの仕事がAIにより代替される、と煽られているなかで、将来への不安や懸念があることも事実です。 この記事では、AIによる自動化は仕事を奪うもの...
シミュレーション

ChatGPTを含む生成系AIでCAEはどう変わるか?

AIでCAEが変わる、を議論し始めて、気付けばもう7年以上経ちます。 ChatGPTを含む生成系AIが全盛期と言われている今、AIとCAEの組み合わせについて考えてみたいと思います。 生成系AIで、CAEはどう変わるのでしょうか。 生成系AIでCAEは...
シミュレーション

画像生成AIのDALL-EでCAE解析の結果っぽいイラストを生成する

文字から画像を生成してくれるDALL-Eは、CAE結果っぽいものを生成できるのか、試してみました。 DALL-Eとは DALL-Eは、OpenAIが開発した、文字による説明から画像を生成することができる人工知能(AI)プログラムです。 このプロ...
技術トライ系

ChatGPTを使ってブログに載せるグラフのスクリプトを作成する

普段、ブログに掲載しているグラフ類は、Excelで作成して、画像で貼り付けをしていました。 画像データよりも綺麗にグラフを貼り付ける方法として、Javascriptライブラリを用いた方法があります。Google ChartsやChart.js、CanvasJsなどが該当し...
技術トライ系

重回帰分析の基礎基本とpythonによる実装

統計解析の最も初歩的なテーマとして、重回帰が挙げられます。 複数の説明変数から、目的変数を線形回帰で説明する重回帰は、統計的な概念や技術を含んでいるため、人によっては難しいと感じる人もいます。 一方で、しっかり学んで活用すれば、重回帰は理解しやすいモデルになりえます...
技術系読みもの

機械系の技術者がChatGPTを活用する方法8選

最近大流行しているchatGPT。使い方次第で無限の可能性があるように思えるツールです。 筆者は、自動車産業に従事する機械系の技術者です。私も、自分なりに様々使ってみて気付いた点をシェアしたいと思います。 ChatGPTとは ChatGPTはO...
シミュレーション

CAE技術者に求められるデータ分析のスキルと知識

CAE技術者にも、データ分析のスキルが求められる時代になりつつあります。 本稿では、データ分析がなぜCAE技術者に必要なのか、具体的な進め方と、よく突き当たる壁について紹介します。 データ分析とは データ分析とは、データからその背後にある価値や知見を得...
技術トライ系

ChatGPTを使ってAIに数値流体解析(CFD)のプログラミングをお願いする

2022年末ごろから、ChatGPTが便利だと話題になっています。 今回は、ChatGPTにお願いしてCFDのプログラミングをやってもらいました。 ChatGPTとは ChatGPTはOpenAIによってトレーニングされた大型の言語モデルです。Chat...
技術トライ系

PyAutoGUIでPC操作を自動化してInstagram無限いいねツールを作る

Pythonには、WindowsのGUI操作を自動化するPyAutoGUIというライブラリがあります。 「GUIの自動化で何か面白い事できないか」と思い、Instagramのいいねツールを作ってみました。 完成形 パソコンのブラウザでInsta...
技術トライ系

Windows11でpythonの環境構築をする【2023】

PCを買い替えて、python環境がまっさらになったので、python環境の構築を久々にやってみました。 Pythonのインストール コマンドプロンプトを立ち上げて、pythonと入力すると、Microsoft Storeが起動します。 ...
シミュレーション

続:ANSYSを使った多目的最適化 CAEデータ分析の実践的手法

ANSYS workbenchで応答曲面+最適化シミュレーションをしてみたでは、実験計画法で設計探査、応答曲面を作成して、最適解を探す検討を紹介しました。 前回の記事で十分に触れることができなかったのは、得られた結果をどう分析して、技術的に価値のある知見を見つけ出すか、に...
技術系読みもの

ソフトバンクの次世代電池は何が凄いのか【リチウム金属電池・MI】

ソフトバンクは2021年11月プレスリリースを出し、次世代電池の開発で大きく前進したと発表した。 ただ、プレスリリースは出ているものの、そのほとんどが共同研究であり、ソフトバンク自身が何を成し遂げたのかが見えにくい。 今回は、ソフトバンクが共同研究先と共に取り組む3...
技術トライ系

SONY PredictionOneを使ってみた【環境構築編】

Pythonでチマチマ書くことに飽きてきた私は、SONYの提供するPredictionOneというノーコードツールを使ってみる事にしました。 PredictionOneとは ノーコードで機械学習ができるGUIツールです。 2019年からSONY...
技術トライ系

【Python実践】LightGBMで機械学習モデルを作ってみた

【実践python】AIによるCAEサロゲートモデルの作り方にて紹介した、LightGBMでサロゲートモデルを作るコードの詳細を説明します。 コードは以下にもあります。コピーしてご自身で計算をすることもできますので、ぜひ試してみてください。 モジュールをイン...
シミュレーション

【実践pythonコード】AIによるCAEサロゲートモデルの作り方

AIとCAEを組み合わせることで、製品開発をより効率よく回す試みが進められています。そのなかでも、CAEソルバを代替するサロゲートモデルが最も注目されています。 今回は、CAE結果からサロゲートモデルを実際に作成してみた手順を紹介します。 サロゲートモデルと...
技術トライ系

【python機械学習】決定木・ランダムフォレストを実装して予測モデルを作ろう!

機械学習って何?どんなことができるの?を理解する意味で、KaggleのCourses「Intro to Machine Learning」(英語)はとても勉強になります。私もこの講座を一通り学んで、機械学習を実務活用しています。 「え…英語はちょっと…」という方が取り組み...
技術トライ系

無料ワードクラウド作成ツールを比較してみた

ぱっと見でわかりやすくできるワードクラウド。ワードクラウドを作るためにテキストマイニングのコードを書くよりも、ウェブのツールを使う方が手っ取り早い事は多いです。 今回は、作成サイトによって、出来にどの程度の差があるのかを比較しました。ワードクラウドを作るための文章として、...
技術トライ系

python/XGBoostで機械学習モデルを作ってみた

テーブルデータを用いた、値の予測のためによく用いられる勾配ブースティング木。今回は、XGboostを用いて、簡単なテーブルデータに対して予測モデルを作ってみたので紹介します。コードはpythonです。Kaggle Codeへのリンクはこちら。 ライブラリをインポートします...
シミュレーション

CAEとAIの組み合わせは実用化領域に来ている

以前(2020年6月頃)、CAEとAIの組み合わせ、という道半ばの課題という記事を書いた。 CAEとAIをどのように組み合わせると、価値を生むことができるのか、という話を書いたものだ。 そこから1年経ち、徐々にCAEとAIの組み合わせを実務に活用した事例が出てきてい...
タイトルとURLをコピーしました