次世代電池

リチウムイオン電池

中国CATLの年次報告書を読み解く

CATLは2024年3月15日金曜日に深セン証券取引所に年次報告書を提出しました。年次報告書には、CATLの研究開発体制や共同研究、開発した製品群やそのスペックなどが記載されており、興味深い情報源となります。 本稿では、CATLの年次レポートから、研究開発体制と、開発した...
次世代電池

STANDARD ENERGYのバナジウムイオン電池は何が凄いのか?

STANDARD ENERGY社は、エネルギーストレージシステム(ESS)向けにバナジウムイオン電池を開発しています。 聞きなれない「バナジウムイオン電池」とは一体何なのでしょうか。 バナジウムイオン電池とは バナジウムイオン電池(VIB)は、...
次世代電池

【SEVB】Sunwoda(サンオーダ)のナトリウムイオン電池と全固体電池

Sunwoda(サンオーダ)は、車載用電池事業としてSEVBブランドを展開しています。サンオーダはリチウムイオン電池を主要な商品として展開していますが、将来電池にあたるナトリウムイオン電池や全固体電池の開発も進めています。 この記事では、サンオーダのナトリウムイオン電池の...
次世代電池

エンパワー社のリチウム金属電池は何が凄いのか

近年、バッテリー技術の進化が急速に進んでおり、その中でもエンパワー社のリチウム金属電池は大きな注目を集めています。 リチウム金属電池の技術の背景や特長、そしてなぜこれが業界で注目されているのかについて詳しく解説します。 エンパワー社とは Enp...
テスラ

テスラも目をつけるStoreDotのシリコン負極は何が凄いのか?

電気自動車 (EV) の普及が急速に進む中、充電速度やバッテリーの寿命などの課題に対応するための新しい技術が求められています。イスラエルの企業 StoreDot が開発している「シリコン負極」を持ったリチウムイオン電池に注目が集まっています。 この記事では、StoreDo...
次世代電池

フッ化物イオン電池とは?エネルギー密度は?実用化目途は?

フッ化物イオン電池とは、トヨタ自動車と京都大学が共同で開発している電池の一種であり、リチウムイオン電池に代わる新しいバッテリー技術のひとつとして注目されています。 フッ化物イオン電池は、従来のリチウムイオン電池と比較して、より高い体積エネルギー密度を持ち、車載用途などの分...
次世代電池

【図解】実用化が期待される次世代電池11選

世界での自動車の電動化が進んでいます。 EV用電池の主流派リチウムイオン電池ですが、エネルギー密度に限界があり、安全性の観点からも、次世代電池の実用化が期待されています。 本稿では、リチウムイオン電池の次に来ると期待される次世代電10選を紹介します。 ...
全固体電池

全固体ナトリウムイオン電池とは?従来電池とのエネルギー密度を比較

近年、環境問題や資源の枯渇、エネルギーの安定確保などが課題となっており、新しい二次電池の開発が注目されています。 その中でも、ナトリウム・鉄・リンなどの豊富な資源から製造される「全固体ナトリウムイオン電池」は、リチウムイオン電池に代わる新たな選択肢として注目を集めています...
次世代電池

CATLのナトリウムイオン電池とは何が凄いのか。Liイオン電池、全固体電池と比較

CATL(ContemporaryAmperex Technology Co.、Limited)は、中国の寧徳に本社を置く世界的なエネルギーソリューション企業です。 CATLは車載用バッテリー市場の30%を獲得しており、リチウムイオン電池を、テスラやヒュンダイを含む世界中...
次世代電池

全樹脂電池の仕組みと技術を解説、エネルギー密度は?実用化目途は?

全樹脂電池とは、電池の電極やセパレーターに使用する材料に樹脂を使用することで、電池内部の金属部品を減らし、高い安全性と耐久性を持つ新しい電池技術です。 全樹脂電池は、現在のリチウムイオン電池と比較して、エネルギー密度が低く、まだ市場投入されていませんが、注目を集める分野の...
全固体電池

全固体リチウム硫黄電池とは?他電池との比較、開発するメーカーも紹介

近年、電気自動車やスマートフォンなど、様々なデバイスに使用されるリチウムイオン電池が注目されていますが、その次の世代の電池技術として、全固体電池が注目されています。 その中でも、全固体リチウム硫黄電池は、従来のリチウムイオン電池に比べて、より高いエネルギー密度や安全性が期...
次世代電池

リチウム硫黄(LiS)電池、開発中のメーカーは?

現在、電気自動車の普及が進む中で、車載電池の高いエネルギー密度を実現するため、リチウム硫黄(LiS)電池の研究開発が注目されています。 リチウム硫黄電池は、リチウムイオン電池に比べて、より高いエネルギー密度を持ち、今後は長距離走行に適した電池として期待されています。 ...
次世代電池

【図解】リチウム空気電池の原理と開発動向、先行するメーカーは?

近年、リチウム空気電池はその高いエネルギー密度や安全性から、電気自動車や産業用途などで大きな注目を集めています。 本稿では、リチウム空気電池に関する特許出願状況を分析し、各企業の研究開発動向や課題、さらには今後の展望について詳しく解説していきます。これから電池の技術や市場...
トヨタ

トヨタのバイポーラ型ニッケル水素電池は何が凄いのか、リチウムイオン電池・全固体電池と比較

2021年式アクアに搭載された、バイポーラ型ニッケル水素電池。 これまでトヨタのハイブリッド車に用いられてきたニッケル水素電池から、どのよな進化を遂げたのでしょうか。 この記事では、以下のような疑問を解消できるように解説していきます。 ・ニッケル水素...
次世代電池

ソフトバンクの次世代電池は何が凄いのか【リチウム金属電池・MI】

ソフトバンクは2021年11月プレスリリースを出し、次世代電池の開発で大きく前進したと発表した。 ただ、プレスリリースは出ているものの、そのほとんどが共同研究であり、ソフトバンク自身が何を成し遂げたのかが見えにくい。 今回は、ソフトバンクが共同研究先と共に取り組む3...
タイトルとURLをコピーしました