全固体電池

車載電池

大日本印刷(DNP)の電池用パウチは何が凄いのか

リチウムイオン電池の部品であるバッテリーパウチ。パウチの世界シェア1位にあるのが大日本印刷(DNP)です。 DNPがなぜ世界シェア1位の座を守り続けられるのか、業界の目線から解説します。 大日本印刷(DNP)とは 日本の大日本印刷(DNP)は1...
技術系読みもの

マクセルの全固体電池の性能を考察する

マクセルは全固体電池を開発する企業の一つです。産業機器用に全固体電池を開発しており、EVなどの車載向けではありませんが、円筒型の全固体電池など、ユニークな技術を開発しています。 この記事では、マクセルの全固体電池について紹介します。 円筒型の全固体電池を開発...
車載電池

CATLは中国市場で失速しているのか?伸びている企業は?

中国の車載バッテリー市場で、CATLの減速が伝えられています。 CATLは目下世界一の車載バッテリーメーカーで、中国だけでなく世界中で車載電池を供給しています。その地位が少しずつ変化していると伝えられていますが、実態はどうなのでしょうか。 本稿では、中国での電池シェ...
車載電池

パナソニックの車載バッテリー戦略

EV用バッテリーのシェア10%を握るパナソニックは、市場での競争力を高めるために車載電池の開発と市場投入を加速しています。 今後、このシェアを維持し、拡大していくために、パナソニックはどのような戦略をとるのか、解説します。 パナソニックのリチウムイオン電池戦...
車載電池

【SEVB】Sunwoda(サンオーダ)のナトリウムイオン電池と全固体電池

Sunwoda(サンオーダ)は、車載用電池事業としてSEVBブランドを展開しています。サンオーダはリチウムイオン電池を主要な商品として展開していますが、将来電池にあたるナトリウムイオン電池や全固体電池の開発も進めています。 この記事では、サンオーダのナトリウムイオン電池の...
技術系読みもの

EV普及の4つの課題:日本の充電インフラ問題は解決するか?

EVの普及が進むといわれている昨今。実際のところ、今後EVはどの程度普及するのか。自動車関連に従事している人間には「EV化が進むと自分の仕事がなくなるかもしれない」という危機感から、関心の高いテーマでもあります。 今後、自動車のパワートレーンのトレンドがどのように移り変わ...
車載電池

出光興産が全固体電池関連で注目される理由

出光興産が、全固体電池関連として注目されています。その主要因は、同社の開発・生産する硫化物型の固体電解質にあります。 出光興産の固体電解質について、技術的目線から解説をします。 出光興産は全固体電池用の電解質を生産する 石油元売り大手の出光興産...
車載電池

Ganfeng Lithiumの全固体電池は何が凄いのか?

Ganfeng Lithium(ガンファンリチウム)は、炭酸リチウムや水酸化リチウムといった多角的な「リチウム原料」を扱うビジネスを展開しています。そんなGanfeng Lithiumは電池開発まで事業を広げており、高いエネルギー密度と安全性を兼ね備えた新世代の全固体電池も開発...
車載電池

フロイント産業が全固体電池関連で注目される理由

全固体電池関連銘柄のなかで、フロイント産業が注目され始めています。フロイント産業が関連する全固体電池正極の「コーティング技術」について、詳しく紹介します。 フロイント産業は全固体電池正極用のコーティング技術で注目される フロイント産業が注目を集める最大の理由...
車載電池

BMWの搭載する全固体電池の全貌

全固体電池は、次世代のバッテリー技術として、自動車産業を中心に多大な注目を集めています。特に、BMWも全固体電池の実用化に向けた取り組みを進めており、その一環としてSolid Powerという企業と協力しています。 この記事では、BMWの全固体電池技術に焦点を当て、その特...
車載電池

重慶太藍新能源(Talent New Energy)の半固体電池は何が凄いのか?他社電池と比較

重慶太藍新能源(Talent New Energy)は、近年注目を浴びている半固体電池の技術を持つ企業の一つです。その半固体電池技術について深堀りし、その特徴や可能性について考察します。 太藍新能源とは 重慶太藍新能源(Talent New Energy)は...
車載電池

SK ONのバッテリー事業と全固体電池開発

グローバルなEV市場の拡大に伴い、その競争力を決めるのはバッテリー技術の進化です。そんな中、車載電池供給シェアで世界5位につける韓国SK ONは、次世代電池の開発を行っています。 全固体電池の開発をはじめとするSK ONの取り組みを紹介します。 SK ONと...
車載電池

ファクトリアルの全固体電池技術「FEST」とは何が凄いのか?

米国で全固体電池開発を行うファクトリアル(Factorial Energy)は、FESTと呼ばれる技術を開発し、各自動車メーカーと協業しながら全固体電池の実現を目指しています。 FESTとは何か、何がすごいのかについて、詳しく解説します。 ファクトリアルとは...
自動車業界

ここ最近、全固体電池開発が注目・報道されている理由

リチウムイオン電池の電解液を固体としたものが、全固体電池です。新聞やニュースでも全固体電池が大きく取り上げられるようになっていますが、全固体電池開発がこの数か月で大きく進歩したわけではありません。 この記事では、なぜ全固体電池開発がここ数か月で大きく注目されるようになって...
車載電池

サムスンSDIの全固体電池の特徴とEV電池事業

サムスンSDIは韓国の大手電機メーカーであり、リチウムイオン二次電池の分野で多くの成功を収めてきました。近年、電気自動車(EV)やエネルギー貯蔵システム(ESS)の需要が高まる中、サムスンSDIは全固体電池を含む高容量・高性能電池の開発に注力しています。 本記事では、サム...
著者おすすめ2

【最新】EV用リチウムイオン電池メーカーランキング

EVが本格的に普及していくなかで、リチウムイオン電池の担う役割は重要です。この記事では、EV用のリチウムイオン電池の世界シェアをランキング形式で紹介します。 また、シェア上位の企業の電池開発の戦略や、特有の技術についても触れていきます。 リチウムイオン電池の...
車載電池

BYDにおける全固体電池開発の最新状況

BYD(比亜迪)は、自動車業界において革新的な技術開発で知られる中国のメーカーです。 現在はテスラを抜きEVで世界販売数トップであり、日本を含む多くの国でEVを販売しています。BYDは車載用の全固体電池も開発しており、その動向が注目されています。 本記事では、BYD...
車載電池

【図解】全固体電池はどのように製造されるのか?製造工程を紹介

近年、エネルギー貯蔵技術の進歩は急速なものとなり、電気自動車や再生可能エネルギーの普及を促進しています。その中でも、注目を浴びているのが全固体電池です。 全固体電池は、従来の液体電解質を固体電解質に置き換えることで、高い安全性とエネルギー密度を実現する革新的なバッテリー技...
著者おすすめ1

各国メーカー20社の全固体電池開発状況

全固体電池は、世界をはじめ、全世界で開発競争が激化しています。 全固体電池に関するNEDOプロジェクト「先進・革新蓄電池材料評価技術開発」の報告書から、全固体電池関連企業をピックアップし、その進捗を独自に調査した内容も含め、各社の開発状況を紹介します。 トヨ...
自動車業界

2035年までに実用化・普及が期待される注目要素技術7選

近年、新技術の開発や研究が加速し、これらの技術が次々と市場に登場しています。 2013年にディープラーニングが登場した際には、グラフィックボードのNVIDIAが企業価値を伸ばしました。次世代技術への投資が評価され、企業評価が伸びる時代を迎えています。 筆者は自動車業...
タイトルとURLをコピーしました