中国

自動車業界

BYDはなぜ強いのか?

近年、EV市場は目覚ましい成長を遂げています。中でも、中国の自動車メーカーBYDは、テスラを抜きEV販売台数で1位に躍り出るなど、自動車業界にその名を轟かせています。 BYDの成功の要因は、手頃な価格設定と、独自の技術開発による高いコストパフォーマンス、そして国内外での積...
自動車業界

XPENG AEROHTの「空飛ぶ車」とその開発課題

「空飛ぶ車」は、今後10年間で技術開発と法整備が進むと見込まれている技術分野です。 中国の自動車メーカーXPENG(シャオペン)の子会社であるXPENG AEROHTは、電動の空飛ぶ車を開発しています。特徴的なのは、個人ユーザの使用をターゲットにしている点と、2025年に...
自動車業界

数値で見る中国自動車市場の今と未来

中国の自動車産業が成長を続けています。特にEVやハイブリッドを含むNEV(New Energy Vehicle*)の販売が伸びており、伴って中国から諸外国への輸出も増加しています。 この記事では、実際の数値を見ながら、中国における自動車産業の現状と展望を見ていきます。 ...
技術系読みもの

芯联集成(UNT)のSiCパワー半導体

芯联集成(United Nova Technology)は、中国の半導体企業です。特に車載のパワー半導体やSiC分野で成長著しい企業で、中国ではSiCパワー半導体の大手に続いてシェア6位に位置しています。 本稿では、United Nova Technologyの技術と、2...
自動車業界

Huawei(ファーウェイ)の自動車事業戦略

Huaweiは米政府の輸出規制によりスマートフォン事業に打撃を受け、その新たな収益源として自動車関連事業に注力しています。 本稿では、ファーウェイの自動車事業戦略を俯瞰してみます。 ファーウェイは新たな収益源を自動車関連事業に求める ファーウェ...
車載電池

大日本印刷(DNP)の電池用パウチは何が凄いのか

リチウムイオン電池の部品であるバッテリーパウチ。パウチの世界シェア1位にあるのが大日本印刷(DNP)です。 DNPがなぜ世界シェア1位の座を守り続けられるのか、業界の目線から解説します。 大日本印刷(DNP)とは 日本の大日本印刷(DNP)は1...
自動車業界

今後成長が期待される、新興自動車メーカー11選

電気自動車は部品点数が少なく、自動車業界への参入障壁が下がるとされています。EV化の流れを受けて、成果各国で新興自動車メーカーが生まれ、そのなかのいくつかの企業は成長を続けています。 本稿では、今後成長が期待できる新興自動車メーカーを紹介します。それぞれの企業の概要や将来...
車載電池

中国CALBの電池事業と注目すべき技術

CALBは、中国第3位の電池メーカーです。車載電池を手掛けるCALBは、中国の電池大手であるBYDやCATLほどの知名度はありませんが、高い技術力を持つ企業であることは間違いありません。 この記事では、CALBの電池技術について解説します。 CALB(Chi...
自動車業界

躍進する中国のSiCウェハメーカー3選

中国では、SiCウェハの生産増加が進んでいると報じられています。中国企業の増産により、2024年以降には中国産のSiCウェハが世界シェアの50%以上を占める可能性があります。 中国でSiCウェハ企業が成長している 中国では、SiCウェハの生産増加が進...
車載電池

CATLは中国市場で失速しているのか?伸びている企業は?

中国の車載バッテリー市場で、CATLの減速が伝えられています。 CATLは目下世界一の車載バッテリーメーカーで、中国だけでなく世界中で車載電池を供給しています。その地位が少しずつ変化していると伝えられていますが、実態はどうなのでしょうか。 本稿では、中国での電池シェ...
自動車業界

業界関係者がジャパンモビリティショーで見るべき企業展示まとめ

東京国際展示場にて、ジャパンモビリティショー(JMS)が開催されています。筆者も自動車業界で働くものとして、とても楽しみにしていたJMSに行ってきました。 この記事では、自動車業界の関係者が考える「見るべき企業展示」を紹介します。技術的観点から見ておいて損はない展示を、電...
車載電池

【SEVB】Sunwoda(サンオーダ)のナトリウムイオン電池と全固体電池

Sunwoda(サンオーダ)は、車載用電池事業としてSEVBブランドを展開しています。サンオーダはリチウムイオン電池を主要な商品として展開していますが、将来電池にあたるナトリウムイオン電池や全固体電池の開発も進めています。 この記事では、サンオーダのナトリウムイオン電池の...
自動車業界

スマホ製造の王者・ホンハイが進めるEV戦略「HIM(Mobility in Harmony)」とは?

スマホ製造の大手、鴻海(ホンハイ)がEV事業に進出してきています。 鴻海のEV量産向け開発プラットフォームMIHの展開が始まっており、元日産のCOOで、日本電産の前社長である関氏が、鴻海のEV戦略トップに就任するなど、新事業への移行が進んでいます。 本稿では、台湾の...
自動車業界

NETAブランドを展開する中国EV新興「Hozon Auto(合衆新能源汽車)」の実力は?

Hozon Auto(合衆新能源汽車)は中国の新興EVメーカーのひとつです。廉価なEVを販売し、販売台数では中国の新興EVのなかでも目立つ存在となっています。 Hozon Autoの技術力と、その商品性について解説します。 Hozon Auto(合衆新能源汽...
自動車業界

中国新興EV企業「AVATR(アバター)」の実力は?

AVATR Technologyは、中国の新興電気自動車(EV)メーカーであり、その成長と技術の進歩に注目が集まっています。Huaweiと中国電池大手CATLとの提携により、新興企業でありながら非常に高品質な商品を展開しています。 AVATR(アバター)のEVの技術的特徴...
自動車業界

注目すべき中国新興EVメーカー3社、生き残るのは?

現在の中国自動車市場では、三つの新興自動車メーカーが競争を繰り広げています。この記事では、新興EV3社について解説し、「どこが生き残るのか」という視点で今後の見通しを考察します。 注目される中国新興3社 中国で躍進する新興自動車メーカーとして、以下3社がよく...
自動車業界

2023年、Li Autoは中国新興メーカーのなかで頭一つ抜け出した

Li Autoは中国の自動車メーカーで、新興の会社ですが、近年素晴らしい業績を収めています。Li Autoは開発チームに経験豊富なメンバーを迎え、高級なハイブリッド電気SUVを販売しており、EVを販売するNIOやXPENGといった競合他社を販売台数で上回っています。 この...
自動車業界

新興EV企業「シャオペン(小鵬,XPeng)」の技術力と、近年の失速の理由

シャオペンは中国の自動車メーカーであり、テスラやBYDなどのライバルとの競争を繰り広げています。設立からわずか6年で、彼らは中国市場で注目を集める存在となりました。フォルクスワーゲンとの提携など、彼らの成長戦略にはさらなる期待が寄せられています。 一方で、ここ数年で販売台...
自動車業界

テスラのギガファクトリー6工場の一覧と今後の計画

イーロン・マスクは、テスラとして年2000万台の電気自動車を作りたいという大きな目標を持っています。そのために、テスラはギガファクトリーという大規模な工場を建設、現在テスラは世界中にいくつかのギガファクトリーを運営しており、さらに増やす必要があると明言しています。 この記...
自動車業界

中国新興EVメーカーNIOがスマホを発売する狙い

中国の電気自動車メーカーNIOが、新しいスマートフォンを発売しました。自動車メーカーがスマートフォンを開発し販売する狙いを考察します。 中国の電気自動車メーカーNioがスマートフォンを発売 中国の電気自動車メーカーNIOが、新しいスマートフォン「NI...
タイトルとURLをコピーしました