電池

車載電池

LGESの電池事業は困難に直面している

LGエネルギーソリューション(LGES)は、車載電池の世界シェア3位につける電池メーカーです。一方で、2023年は売上の減少、電池価格の下落、そして中国勢との競争激化という三重の逆風に直面しています。 本記事では、LGエネルギーソリューションがこれらの課題にどう対処し、将...
車載電池

テスラのドライ電極は何が凄いのか?

テスラが開発したドライ電極技術は、リチウムイオン電池の製造プロセスを大きく変える可能性があります。従来の電極製造方法は、スラリー溶液を用いており、これには多くのエネルギーと時間が必要でした。しかし、テスラはこのプロセスを一新し、ドライ電極技術を負極に適用することで、製造時間の短...
技術系読みもの

直接リチウム抽出法(DLE)とは何が凄いのか?メリットとデメリットを解説

EVが普及するに従い、車載用のリチウムイオン電池に必要な「リチウム」の需要が高まっています。 直接リチウム抽出法(DLE)は、リチウム製造のスピードを革命する技術です。DLEは効率的で環境負荷が少ないリチウム抽出方法として注目されており、今後重要な役割を果たす「ゲームチェ...
車載電池

大日本印刷(DNP)の電池用パウチは何が凄いのか

リチウムイオン電池の部品であるバッテリーパウチ。パウチの世界シェア1位にあるのが大日本印刷(DNP)です。 DNPがなぜ世界シェア1位の座を守り続けられるのか、業界の目線から解説します。 大日本印刷(DNP)とは 日本の大日本印刷(DNP)は1...
技術系読みもの

マクセルの全固体電池の性能を考察する

マクセルは全固体電池を開発する企業の一つです。産業機器用に全固体電池を開発しており、EVなどの車載向けではありませんが、円筒型の全固体電池など、ユニークな技術を開発しています。 この記事では、マクセルの全固体電池について紹介します。 円筒型の全固体電池を開発...
車載電池

リチウムイオン電池の三元系正極材(NMC)とは何か?

リチウムイオン電池について調べていると、NMC正極という言葉をよく耳にします。NMCはニッケル・マンガン・コバルトの略称で、これら3つの元素が1つの「活物質」粒子として存在しています。 本稿では、NMC正極がどのような構造体なのか、どのように製造されるのかを解説します。 ...
車載電池

中国CALBの電池事業と注目すべき技術

CALBは、中国第3位の電池メーカーです。車載電池を手掛けるCALBは、中国の電池大手であるBYDやCATLほどの知名度はありませんが、高い技術力を持つ企業であることは間違いありません。 この記事では、CALBの電池技術について解説します。 CALB(Chi...
車載電池

能元科技(E-One Moli Energy Corp.)のリチウムイオン電池

台湾水泥の子会社である能元科技(E-One Moli Energy Corp.)は、世界トップクラスのメーカーで高性能なリチウムイオン二次電池製品を製造しています。その製品は様々な産業分野で使用され、高い評価を得ています。 大きなメーカーではありませんが、その技術には定評...
車載電池

CATLは中国市場で失速しているのか?伸びている企業は?

中国の車載バッテリー市場で、CATLの減速が伝えられています。 CATLは目下世界一の車載バッテリーメーカーで、中国だけでなく世界中で車載電池を供給しています。その地位が少しずつ変化していると伝えられていますが、実態はどうなのでしょうか。 本稿では、中国での電池シェ...
車載電池

パナソニックの車載バッテリー戦略

EV用バッテリーのシェア10%を握るパナソニックは、市場での競争力を高めるために車載電池の開発と市場投入を加速しています。 今後、このシェアを維持し、拡大していくために、パナソニックはどのような戦略をとるのか、解説します。 パナソニックのリチウムイオン電池戦...
自動車業界

業界関係者がジャパンモビリティショーで見るべき企業展示まとめ

東京国際展示場にて、ジャパンモビリティショー(JMS)が開催されています。筆者も自動車業界で働くものとして、とても楽しみにしていたJMSに行ってきました。 この記事では、自動車業界の関係者が考える「見るべき企業展示」を紹介します。技術的観点から見ておいて損はない展示を、電...
車載電池

【SEVB】Sunwoda(サンオーダ)のナトリウムイオン電池と全固体電池

Sunwoda(サンオーダ)は、車載用電池事業としてSEVBブランドを展開しています。サンオーダはリチウムイオン電池を主要な商品として展開していますが、将来電池にあたるナトリウムイオン電池や全固体電池の開発も進めています。 この記事では、サンオーダのナトリウムイオン電池の...
車載電池

Blue Solutionsの全固体電池は何が凄いのか

Blue Solutionsは、フランスのボレログループの子会社であり、「全固体電池製造の最古参」とも言われています。近年では鴻海がBlue Solutionsとの協業を発表、全固体電池を2026-28年に、電動バイク向けに製造するとしています。 Blue Solutio...
車載電池

ホンダ北米初の量産EV「プロローグ」に搭載される電池技術とは?

ホンダとGMのコラボレーションによって生まれた、新たなるEV、2024年初めに北米で発売予定のホンダ・プロローグ。スポーツ用多目的車(SUV)のタイプでありながらも、GMのUltium技術を搭載し、Googleのサービスも活用するなど、先進的かつ魅力的な特徴を持っています。 ...
自動車業界

テスラのギガファクトリー6工場の一覧と今後の計画

イーロン・マスクは、テスラとして年2000万台の電気自動車を作りたいという大きな目標を持っています。そのために、テスラはギガファクトリーという大規模な工場を建設、現在テスラは世界中にいくつかのギガファクトリーを運営しており、さらに増やす必要があると明言しています。 この記...
自動車業界

次世代EVの構成要素と主要なメーカー・サプライヤー

電気自動車(EV)は、リチウムイオン電池と、駆動システムであるeアクスル、そして車載コンピュータが重要な役割を担うようになっています。私たちがスマートフォンに欠かせないバッテリーとコンピューターの役割が、EVにおいても大きな存在感を持っています。 この記事では、EVにとっ...
車載電池

電池の寿命と劣化要因を技術目線で解説

近年、電動車(EV)の普及に伴ってリチウムイオン電池の重要性が急速に高まっています。EV用の電池の寿命は何年か、何回の充放電が可能なのか、その劣化要因は具体的にどのようなメカニズムによって進行するのか。 本記事では、電解液の安定性から電極の耐久性、温度管理まで、リチウムイ...
車載電池

中国BYDの「SEAL」の電池は何が凄いのか?

中国の大手自動車メーカー、BYD(比亜迪)は、2022年5月に電気セダン「SEAL」(シール)の先行販売を開始、世界中で注目を集めている車種です。日本でも2023年末から販売される予定です。 このSEALの、特に電池技術面について、何が凄いのかを詳しく解説します。 ...
車載電池

フロイント産業が全固体電池関連で注目される理由

全固体電池関連銘柄のなかで、フロイント産業が注目され始めています。フロイント産業が関連する全固体電池正極の「コーティング技術」について、詳しく紹介します。 フロイント産業は全固体電池正極用のコーティング技術で注目される フロイント産業が注目を集める最大の理由...
車載電池

NIOが採用する中国WeLionの固体電池の実力と構成は?

Beijing WeLion New Energy Technology(WeLion)は、中国に拠点を置く電池技術企業です。WeLionは、中国の新興EV企業NIOと共に、固体電池(実際は半固体電池)を開発していることで知られており、注目を集めています。 この記事では、...
タイトルとURLをコピーしました